Our Style

成果創出を支援する、社員ファーストの柔軟な環境

昨今の社会情勢に伴って、消費者や取引先企業のニーズ、そして社員を取り巻く環境は変化しています。

私たちは在宅勤務やフレックスタイムなどの制度を通じて多様な働き方をサポートしていたことで、これまでよりも大きな変化をもたらしたコロナ禍のNew Normalにも、いち早く対応しました。

社員の生活やキャリアへのサポートは研修制度や評価制度にも表れており、日本ケロッグでのキャリアのゴールは海外での活躍にもつながります。 これらの制度はトップダウンで決められるばかりではなく、会社への満足度調査で得られた社員の意見も尊重されています。

「社員こそが我々に競争優位をもたらす」をキーワードに、私たちは社員ファーストのより良い環境づくりに取り組んでまいります。

社員の成果と成長を実現する人材育成制度

社員一人ひとりの成果と成長を実現するため、私たちは評価制度と研修制度を中心に、人材育成制度を整備。

評価制度は年初に目標と育成計画の設定、期中・期末でのレビューを一連のプロセスとして徹底。特に育成計画においては、上司・同僚からの360°フィードバックを推奨し、成長機会が実感できるようになっています。

研修制度においては、業務遂行能力を具体的な項目に落とし込み、社員の能力向上に努めています。また、社員全員にe-learningの機会が開かれているほか、次世代リーダーシップ研修、マネージャー研修など社員のキャリアに応じた研修も実施。外部研修への参加も認められており、各自の成長意欲次第でより幅広い能力開発の機会が得られます。

ベストな働き方が選択できる社内制度

社員にとってベストな働き方が選択できるように、私たちはコアタイムなしのフレックスタイム制、勤務場所を選ばない「Work at Anywhere」、副業の認可といった社内制度を整備しています。

その他コロナ禍での在宅ワーク支援として、業務物品購入の補助、メンタルヘルス対策などの取り組みを実施。New Normalがうたわれる昨今の社会情勢においても、状況の変化に合わせて柔軟に対応をしています。

社員の意見を聞き入れて「みんなの会社」として快適な環境整備

定期的に行っている社員への会社満足度調査を通じて、職場環境の課題を見える化しています。

経営陣は社員からの率直な意見をもとに、より良い組織づくりに取り組んでいます。トップダウンで物事が決められるばかりではない、「みんなの会社」として社員の意見を尊重する会社、それが私たち日本ケロッグです。

写真は、新型コロナウイルスの感染拡大前に撮影されたものもあり、昨今の感染予防対策の視点で不適切なものがあることをご了承ください。